綾傘鉾からのお知らせ

小説『京都丸太町の恋衣屋さん』に「綾傘鉾」が登場します

4月15日に双葉社より発売予定の小説『京都丸太町の恋衣屋さん』に“綾傘鉾”が登場します。

著者は天花寺さやかさん。京都を舞台にしたファンタジー小説「京都府警あやかし課の事件簿」(PHP文芸文庫)で「第7回 みんなで選ぶ 京都本大賞」を受賞され、現在同シリーズを第5巻まで刊行。京都を題材にした物語を精力的に執筆されています。

今回、天花寺さんが新作短編集小説を執筆されるにあたり、ご縁があって綾傘鉾囃子方メンバーの1人にお声掛けを頂き、取材をして頂きました。“綾傘鉾”のエピソードは小説の第2章に収録されます。物語の中で “綾傘鉾”が担う役割にご期待ください!

≪書籍情報≫

双葉文庫『京都丸太町の恋衣屋さん』天花寺さやか(著/文)

発行:双葉社 文庫判 256ページ

定価 610円+税

ISBN 9784575524628

Cコード C0193

https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784575524628

≪あらすじ≫

地元で転職活動中の矢口泰彦はある夜、居酒屋で顧客に危うい目に遭いそうになっていた女性を助ける。その女性、弓場明日香は、京都の貸衣裳店「お衣裳 美三輝」の常務だと名乗り、泰彦に感謝の言葉を告げたあと、いきなり「もし良かったら、京都に来ませんか。というか、うちの会社に来て? というか将来、うちのお婿さんになってくれへん!?」とプロポーズをする。泰彦は急すぎる展開に戸惑うが、明日香の熱意と純粋な瞳に惹かれて、京都に行くことを決意する。

粽の販売に関しまして

今年の祇園祭の粽の販売に関してですが、コロナウィルス感染拡大防止のため、会所・大原神社での販売は中止することとなりました。

かわりにインターネットでの販売を申込受付を行います。
なお、数量に限りがあるため、予定数量に達し次第受付を終了いたします。

※予定数量に達したため、粽の販売は終了いたしました。

吉符入りの儀並びに清祓いの儀を執り行いました

7月1日大原神社にて吉符入りの儀並びに清祓いの儀を執り行いました。綾傘鉾保存会は疫病退散を願う神事を粛々と行わせていただく一方で「神賑わい」である山鉾行事はすべて中止させていだくことと致しました。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


祇園祭 宵山行事・山鉾巡行中止のお知らせ

日頃より綾傘鉾保存会に対しまして多大のご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
さてご存知の通り、祇園祭は平安時代に疫病退散を願って行われた御霊会が起源であり、その後1150年もの長きにわたり脈々と受け継がれてまいりました。
新型コロナウイルスが蔓延し世界中の人々を苦しめている今こそ、疫病退散を願ってこの祭りは盛大に行われるべきであることは承知いたしておりますが、一方で山鉾行事は「神賑わい」としての性格もあり、毎年たくさんの皆様が見物にご来場いただいております。
しかしながら新型コロナウイルス拡散防止のためには、大勢の皆様にご来場いただくことは絶対に避けなければなりません。
4月20日に山鉾連合会・八坂神社等々協議の結果、当綾傘鉾保存会は疫病退散を願う神事を精一杯行わせていただく一方で、「神賑わい」である山鉾行事はすべて中止させていただくこととなりました。
混沌とした状況の中で、今後に結論を持ち越すこと、さらには変更を余儀なくされることも十分考えられますが、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

令和2年4月21日
公益財団法人 綾傘鉾保存会
理事長 寺田 進

個人寄付の所得控除又は税額免除ならびに法人寄付に関してのお知らせ

個人寄付の所得控除又は税額免除ならびに、法人寄付に関して以下の通りお知らせいたします。ご確認くださいませ。

個人寄附の場合.pdf